Skip to content

エンティティやゲーム画面からスプライトを作る

エンティティやゲーム画面からスプライトを作成するには g.SpriteFactory# の関数 createSpriteFromE()createSpriteFromScene()を利用します。

凡例

javascript
const group = new g.E({ scene: scene });
const red = new g.FilledRect({
  ... // 必要なプロパティ
});
const blue = new g.FilledRect({
  ... // 必要なプロパティ
});
group.append(red);
group.append(blue);

// g.E を画像化
const sprite = g.SpriteFactory.createSpriteFromE(scene, group);
sprite.scale(2); // 画像を2倍に拡大
scene.append(sprite);
const group = new g.E({ scene: scene });
const red = new g.FilledRect({
  ... // 必要なプロパティ
});
const blue = new g.FilledRect({
  ... // 必要なプロパティ
});
group.append(red);
group.append(blue);

// g.E を画像化
const sprite = g.SpriteFactory.createSpriteFromE(scene, group);
sprite.scale(2); // 画像を2倍に拡大
scene.append(sprite);
javascript
// 現在のシーンを画像化
const sceneSprite = g.SpriteFactory.createSpriteFromScene(scene, scene);
sceneSprite.scale(0.5); // 画像を 0.5 倍へ縮小
scene.append(sceneSprite);
// 現在のシーンを画像化
const sceneSprite = g.SpriteFactory.createSpriteFromScene(scene, scene);
sceneSprite.scale(0.5); // 画像を 0.5 倍へ縮小
scene.append(sceneSprite);

利用例

次のコンテンツは、画面をクリック・タップした時のシーンの状態を右下に縮小した画像として表示します。

詳細

エンティティの描画内容をもつスプライトを作成するには g.SpriteFactory.createSpriteFromE() を利用します。また、シーンの描画内容をスプライト化するには g.SpriteFactory.createSpriteFromScene() を利用します。

第三引数に g.Camera2D を渡すことにより、g.Camera2D に設定されたプロパティを反映させたスプライトを生成することができます。g.Camera2D についてはプレイヤーごとに異なる位置を表示するAPI リファレンスを参照してください。

関連情報