Interface NormalizedGameConfiguration

ゲームの設定を表すインターフェース。 game.jsonによって定義される。

Hierarchy

Properties

アセット宣言。

AudioSystemの追加定義。キーにsystem名を書く。不要(デフォルトの "sound" と "music" しか使わない)なら省略してよい。

defaultLoadingScene?: "default" | "compact" | "none"

デフォルトローディングシーンについての指定。 省略時または "default" を指定すると DefaultLoadingScene を表示する。 "compact"を指定すると以下のようなローディングシーンを表示する。

  • 背景が透過
  • プログレスバーが画面中央ではなく右下の方に小さく表示される デフォルトローディングシーンを非表示にしたい場合は "none" を指定する。
defaultSkippingScene?: "none" | "fast-forward" | "indicator"

デフォルトのスキッピングシーンについての指定。 省略時または "fast-forward" を指定するとスキップ中のシーン内容をそのまま早送りで表示する。 "indicator"を指定するとスキップ中に専用のシーンを表示する。 スキップ中の描画を抑制したい場合は "none" を指定する。

environment?: Environment
fps: number

ゲームのFPS。省略時は30。

globalScripts?: string[]

スクリプトアセットの簡略記述用テーブル。

グローバルアセットである .js ファイル、.json ファイルに限り、この配列にファイル名(コンテンツルートディレクトリから相対パス)を書くことができる。 ここにファイル名を書いた場合、 assets でのアセット定義は不要であり、拡張子 js であれば ScriptAsset として、 拡張子 json であれば TextAsset として扱われる。また常に "global": true として扱われる。 ここに記述されたファイルのアセットIDは不定である。ゲーム開発者がこのファイルを読み込むためには、相対パスによる (require() を用いねばならない)

height: number

ゲーム画面の高さ。

main: string

エントリポイント。require() できるパス。

moduleMainScripts?: ModuleMainScriptsMap

require()解決用ののエントリポイントを格納したテーブル。

require()の第一引数をキーとした値が本テーブルに存在した場合、require()時にその値をパスとしたスクリプトアセットを評価する。

operationPlugins?: OperationPluginInfo[]

操作プラグインの情報。

width: number

ゲーム画面の幅。

Generated using TypeDoc