Class PointUpEventBase<T>

ポインティング操作の終了を表すイベントの基底クラス。 PointDownEvent後にのみ発生する。

PointUpEvent#startDeltaによってPointDownEvent時からの移動量が、 PointUpEvent#prevDeltaによって直近のPointMoveEventからの移動量が取得出来る。 PointUpEvent#pointにはPointDownEvent#pointと同じ値が格納される。

Type Parameters

Hierarchy

Constructors

Properties

eventFlags: number

イベントフラグ値。 詳細な仕様は @akashic/playlog を参照のこと。

local: boolean

このイベントがローカルであるか否か。

player: undefined | Player
pointerId: number
prevDelta: CommonOffset
startDelta: CommonOffset
target: undefined | T
type: "point-up" = "point-up"

本クラスはどのtypeにも属さない。

Generated using TypeDoc