Options
All
  • Public
  • Public/Protected
  • All
Menu

Class COEController<Command, ActionData>

coe に準拠した処理をラップしたコントローラ。

Type parameters

  • Command

  • ActionData

Hierarchy

Implements

Index

Constructors

constructor

Properties

actionReceived

actionReceived: Trigger<Action<ActionData>> = new g.Trigger()

assets

assets: {}

本 Controller と紐づく Scene のアセット情報。 this.loaded の発火以降しか取得できない点に注意。

Type declaration

  • [assetId: string]: Asset

loaded

loaded: Trigger<void> = new g.Trigger()

本 controller によるイベントの消化を一時的にロックするかどうか。

lockingProcessingMessageEvent

lockingProcessingMessageEvent: boolean = false

本 controller による g.MessageEvent の処理を一時的にロックするかどうか。

通常、ゲーム開発者は本値を参照・また書き換えてはならない。

startSessionRequested

startSessionRequested: Trigger<COESessionStartMessage<any>> = new g.Trigger()

COESessionStartMessage を信用された経路から送信された際に呼び出される trigger 。

update

update: Trigger<void> = new g.Trigger()

Methods

broadcast

  • broadcast(data: Command, priority?: number): void

broadcastEnd

  • broadcastEnd(result?: any): void
  • 全クライアントに終了をブロードキャストする。 このメソッド呼び出し後、 send プラグイン経由で result の値を含めた終了メッセージがシステム側に通知される。

    Parameters

    • Optional result: any

      結果の値。

    Returns void

clearInterval

  • clearInterval(id: TimerIdentifier): void

clearTimeout

  • clearTimeout(id: TimerIdentifier): void

destroy

  • destroy(): void

getBroadcastDataBuffer

Private onCOEMessageEventReceived

  • onCOEMessageEventReceived(action?: Action<any>): void

setInterval

  • setInterval(func: () => void, interval: number, owner?: any): TimerIdentifier

setTimeout

  • setTimeout(func: () => void, duration: number, owner?: any): TimerIdentifier

Generated using TypeDoc