Options
All
  • Public
  • Public/Protected
  • All
Menu

@akashic-extension/akashic-tile

akashic-tile

akashic-tile は、 Akashic Engine 用のタイルマップ描画ライブラリです。

例えば幅32、高さ32の画像を敷き詰めたマップチップ画像のアセット mapchipImage を持つシーン scene がある時、 マップチップを敷き詰めた画像(タイルマップ)を表示するエンティティを生成できます。

var tile = new at.Tile({
  scene: scene,
  src: scene.assets.mapchipImage,
  tileWidth:  32,
  tileHeight: 32,
  tileData: [
    [0, 1, 1, 0],
    [1, 2, 2, 1],
    [0, 0, 1, 0]
  ]
});
scene.append(tile);

ここで tileData の内容は、マップチップのインデックスです。 マップチップのインデックスとは、マップチップ画像の各マップチップに対して、左上を0として順に振られた番号です。 すなわちインデックス0はマップチップ画像の一番左上の幅32、高さ32の部分を表します。 インデックス1はその右隣の幅32、高さ32の部分を表します。

利用方法

akashic-cliをインストールした後、

akashic install @akashic-extension/akashic-tile

でインストールできます。コンテンツからは、

var at = require("@akashic-extension/akashic-tile");

で利用してください。 詳細な利用方法については、以下を参照してください。

ビルド方法

akashic-tileはTypeScriptで書かれたライブラリであるため、ビルドにはnode.jsが必要です。

npm run build によりビルドできます。

npm install
npm run build

ライセンス

本リポジトリは MIT License の元で公開されています。 詳しくは LICENSE をご覧ください。

ただし、画像ファイルおよび音声ファイルは CC BY 2.1 JP の元で公開されています。

Generated using TypeDoc